年間行事の基礎知識

Information

喪中はがきのマナー

喪中はがきを出す範囲

 

喪中はがきを出す範囲というのは、亡くなった親族が自分から見てどのような間柄か、ということです。

 

 

 

1)同居の家族・親族。

 

2)肉親(両親=父母・兄弟姉妹・子)。

 

 

 

以上場合は喪中はがきを出します。

 

 

 

3)同居していない親族 「祖父祖母、養父母、義理の息子・娘」

 

この関係は出す人と出さない人に分かれるところです。

 

「祖父祖母」に関しては出す人のほうが多いようです。

 

 

4)同居していない親族 「義兄弟姉妹、叔父叔母、叔父叔母、いとこ、甥姪」

 

この関係の場合は出さないことが多いようです。

 

 

この3)、4)に関しては出すか出さないかは家族で相談して決めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

喪中はがきを出す相手

 

喪中はがきは誰に出せばいいでしょうか。

 

 

1)毎年のように年賀状のやり取りをしている相手

 

やり取りをしていなくても毎年送っている相手には送ります。

 

 

2)特にお世話になった人

 

 

3)故人が年賀状のやり取りをしていた友人(自分が喪主の場合)

 

4)葬儀に参列して下さった人(自分が喪主の場合)

 

 

その他の場合はご家族で相談して決めます。

 

 

 

なお、基本的に親族間では喪中はがきは出さなくてよいのですが、普段あまり行き来がなく、相手が訃報を知らないような場合には送ります。

 

 

 

 

関連ページ

喪中はがきを出す時期
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
喪中はがき 差出人に関しての疑問
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
喪中はがきへの返信は?
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
郵便局での喪中はがきの販売
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
喪中はがき 無料テンプレート
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
喪中はがき 文例
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。

Information

Information