年間行事の基礎知識

Information

寒中見舞いの基礎知識

 

寒中見舞いの本来の役割

 

 

年賀状がひと段落すると次は寒中見舞いの時期となります。

 

 

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に、相手の体調を気遣い、こちらの様子を知らせます。

 

今はコンビニやスーパーがあるのでわかりにくいですが、以前はこの時期は野菜や果物が手に入りにくく、食べるものに苦労し、家に引きこもりがちな季節でした。

 

また、風邪やインフルエンザなどの流行性の病気が流行る時期でもあります。

 

 

こうした一年で一番寒さの厳しい季節にあたり寒中見舞いという形で相手を気遣い自分の様子を知らせる、という風習になりました。

 

 

 

年賀状の返信としての寒中見舞い

 

寒中見舞いの大きな役割に「年賀状への返信」というものがあります。

 

 

年賀状を出すのが遅くなってしまい、松の内を過ぎてしまった時。

 

 

年賀状を頂いた相手へのお返事が遅くなってしまい、松の内を過ぎてしまった時。

 

 

この場合には年賀状ではなく、寒中見舞いを出します。

 

 

 

 

喪中はがきへの返信としての寒中見舞い

 

寒中見舞いのさらに重要な使い方は、喪中はがきへの返信です。

 

 

喪中の方に、年賀状の代わりに出す挨拶状として。

 

 

喪中と知らずに年賀状を出してしまった相手に、お詫びの手紙として。

 

 

喪中と知らずに年賀状を下さった相手に、お返事(返信)として。

 

 

 

 

このように寒中見舞いは様々な用途があります。

 

 

白いはがきでもかまわないのですが、現在では寒中見舞い用の美しいはがきやテンプレートがあるのでそれを使用するのがよいですね。

 

 

 

⇒寒中見舞いはがき印刷(官製はがき)5〜500枚セット【ワンポイント入り】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒中見舞いの基礎知識記事一覧

松の内はいつまで?

松の内の時期お正月の次は「松の内」なのですが、この「松の内」というのはいつからいつまでなのでしょうか。「松の内」という言葉は正月の松飾り(門松)を飾っておく期間という意味です。もともとは元日から1月15日までの期間を指していましたが、関東では1月7日まで、関西では1月15日までという場合が多いようで...

≫続きを読む

 

寒中見舞いを出す時期

寒中見舞いを出す時期は?寒中見舞いはいつ出せばいいのでしょうか。寒中見舞いは、松の内(1/1?1/7)があけてから立春までの間に出します。1月7日の松の内明けに到着させるために1月5,6日に投函するというのもありです。また別の考え方として「寒」のうちに出すというのもあります。「寒」のうちというのは、...

≫続きを読む

 

寒中見舞い テンプレート 無料 かわいくておしゃれ

寒中見舞いの無料テンプレートが全49種類。かわいいもの、おしゃれなもの、スタンダードなもの、すべてそろっています。これらのテンプレートは年賀状ACよりダウンロードできます。寒中見舞い テンプレート 無料 Word対応このようなWord対応の寒中見舞いテンプレートがたくさんあります。喪中ボックス

≫続きを読む

 

寒中見舞い 文例

寒中見舞いは様々な用途があります。季節の挨拶年賀状の返礼が遅れてしまった場合喪中に年賀状をいただいた場合の欠礼のお知らせ喪中の方へのごあいさつ喪中の方へ知らずに年賀状を出してしまった場合のお悔やみ寒中見舞いを頂いた方への返事等など。季節の挨拶寒中お見舞い申し上げます寒さ厳しい折、皆様にはいかがお過ご...

≫続きを読む

 

Information

Information