年間行事の基礎知識

Information

松の内はいつまで?

 

松の内の時期

 

 

お正月の次は「松の内」なのですが、この「松の内」というのはいつからいつまでなのでしょうか。

 

 

「松の内」という言葉は

 

正月の松飾り(門松)を飾っておく期間

 

 

という意味です。

 

 

もともとは元日から1月15日までの期間を指していましたが、

 

 

関東では1月7日まで、関西では1月15日までという場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

なぜこのような地域によって違いがあるのかというと、

 

 

もともと鏡開きが松の内が終わった1月20日に行われていましたが、徳川家光の忌日が1月20日となったために、鏡開きを1月11日に移動。

 

しかし、松の内が終わる前に鏡開きを行うのもおかしいので、松の内を1月7日に変更しました。

 

 

しかし、これは江戸を中心とした関東には広がりましたが、それ以外には広まらなかった、ということが原因です。

 

 

 

お正月の伝統を変更するとは徳川幕府もなかなかやりますね。

 

 

 

 

 

 


関連ページ

寒中見舞いを出す時期
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
寒中見舞い テンプレート 無料 かわいくておしゃれ
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。
寒中見舞い 文例
1年間に行われる様々な行事の基本的な知識や情報を集めています。

Information

Information