年間行事の基礎知識

Information

七草粥のレシピ

ななくさがゆ【七草粥】

 

 1月7日には、これからはじまる新しい1年を平和に暮らせることを願い、邪気(じゃき)を払う意味で「七草粥(ななくさがゆ)」を食べます。こうした風習は、わが国へは中国から平安時代初期に伝わりました。

 

 七草というのはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種です。

 

 もっとも昔は、七種の穀物でつくられ「七種粥(ななくさがゆ)」と呼ばれていたといわれています。米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキとも、米、大麦、小麦、アワ、キビ、ダイズ、アズキともいわれています。
 七草を使うようになったのは鎌倉時代からだそうです。

 

 それぞれに効用があり、セリは目の充血やめまいを予防、ナズナは消化機能をととのえます。ゴギョウはせきを止め、たんを切る働き、ハコベラは胃炎や胃弱に効果的、ホトケノザは筋肉の痛みに、スズナは胃腸をととのえ熱を下げます。スズシロも胃腸の働きを助ける働きがあります。

 

 お節料理や新年会など、飲んだり食べたりすることの多い時期。疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補うために、最適なメニューといえます。 出典:小学館(C)Shogakukan Inc.

 

 

<七草粥のつくり方>

 

 

本格的に

 

 

 材料(五人分) 米一合、水七合、スズシロ(ダイコン) 三センチに切ったもの一個、スズナ(カブ)一個、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザの五草は合わせてひとにぎりほど。ほかにモチ十個、塩少々。

 

 ダイコンは千切り、カブは薄切りにし、ナズナ以下五草は細かくきざんで水につけ、アクを抜きます。

 

 米をとぎ上げたら、その七倍量の水で煮ます。ひと煮立ちしたらとろ火にし、ここでダイコン、カブ、モチを入れます。この際水をふきこぼさないように注意してください。

 

 モチやダイコンがやわらくなったころを見はからって、きぎんだ五草の水気を切って、ぱらぱらとまき散らすように入れ、すぐフタをして火をとめ、むらします。

 

 そして塩は食べるときに、各自好みの量をふりかけるようにします。

 

 

 

もっと簡単に・・・

 

スーパーにいくと、この時期には七草粥セットが売られているのでそれを買ってきます。

 

 

STEP1

 

鍋に研いだお米と水を入れ、一時間ぐらい置きます。

 

STEP2

 

一時間経ったら、ふたをせず、強火で沸騰させます。

 

STEP3

 

沸騰したら、軽く底からお米をかき回し、ふたをして弱火で40分?1時間煮ます。

 

STEP4

 

七草はきれいに洗って細かく刻みます。

 

 

STEP5

 

おかゆが炊きあがったら、刻んだ七草を入れます。

 

軽くかき混ぜ、お好みで塩を加え、味を整えてできあがり。

 

 

 

炊飯器で

 

◆材 料(4人分)

 

 米 1合
 水は炊飯器の指定する分量で!
  (全粥がおすすめです)
 七草セット 1パック
 塩  適量

 

◆七草粥の炊き方

 

1.七草の「根もの」(大根やかぶみたいなの)は、
  洗って薄くスライスする。

 

2.米は洗って水気を切り、炊飯器の内釜に入れて、
  おかゆ用の水位の水を加え、
  1のスライスした「根もの」も入れ、
  おかゆモードにして炊く。

 

3.おかゆを炊いている間に、七草を洗い、
  色よくゆで、さっと水にくぐらせ色止めをしてしぼり、
  細かく刻んでおく。

 

4.おかゆが炊き上がったらすぐに、
  塩適量(小さじ1/4〜1/3くらい)を入れ、
  2の七草を散らして入れ、蓋をして3分ほど蒸らし、
  全体を軽く混ぜて、器に盛り付ける。

 

好みでお餅を入れて炊いてもおいしいです!

 

 

 

 

こちらは動画にて解説

 


Information

Information