年間行事の基礎知識

Information

節分の基礎知識

節分とは

 

 

節分(せつぶん)は、現在では立春の前日(太陽暦の2月3日か4日)をさします。

 

 

しかし、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいました。

 

 

季節を分ける日、ということですね。

 

 

豆まきの由来

 

節分のときにおこなう「豆まき」はもともとは「鬼やらい」といいます。諸星大二郎のマンガに出てきそうな名前です。

 

これは中国の中国の大儺(たいな)という、おそろしい形相(ぎょうそう)の面をつけた呪師が疫鬼をおいはらう行事が原型です。

 

日本で最初に「鬼やらい」が行われたのは、706年のことです。

 

疫病が流行したことが原因で土の牛をつくって鬼払い儀式が行われました。

 

この儀式は追儺(ついな)といわれ、朝廷では鎌倉時代まで毎年大晦日の夜に行われていました。

 

 

これが一般的な節分の豆まきに変化するのですが、初めて節分の豆まきが行われたのは1425年(応永32)。

 

室町時代の京都においてです。

 

1447年(文安4)には、「鬼は外、福は内」と唱えながら立春前夜に家ごとに豆をまいた、という記録が残っています。

 

この時代に現在の豆まきが確立したようです。

 

 

 

戸時代には各地の神社や家庭に広まり年齢の数だけ豆を食べるというような現在でも残る風習が行われるようになりました。

 

 

 

最近では恵方巻が流行りですが、この風習については別稿で書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


節分の基礎知識記事一覧

恵方巻 2015 方角は?

早くも節分、恵方巻の季節となります。急速に普及してきた恵方巻ですが・・・☆方角今年2015年の方角は西南西やや右です。この方角には規則性があります。その年の十干    西暦の1の位の数字       方角  甲・己            4・9          東北東やや右  乙・庚       ...

≫続きを読む

 

節分のイラスト 無料でかわいい

節分用の無料で使えるかわいいイラストがあるサイトを紹介します。これらのかわいいイラストはイラストボックスにあります。こちらのかわいいイラストはイラストACにあります。節分用品一覧

≫続きを読む

 

Information

Information