年間行事の基礎知識

Information

初詣 神社・寺院等の参拝方法 作法 

参拝の仕方

 

最初に手水舎で手と口をすすいだあと、鳥居をくぐり参道を歩きます。道の中央は神様の通り道とされているので、中央は避けて歩きましょう。参拝は、二回拝み、胸の前で二回柏手を打ち、最後にもう一度拝む「二拝二拍手一拝」が基本です。

 

手水の作法

 

 

私たちの祖先は、神社にお参りをし、あるいは「お参り」を奉仕して、御神威をいただくためには、先ず自ら「心身の清浄」につとめることを、必須の条件と考えていました。
私たちも参拝の前には、作法の一番目ともいうべき「手水」の励行をいたしましょう。
先ず、手水舍(てみずや)の前に立ち、水盤に向かい、「心身の浄化」のために手水を行うことが最も大切です。

 

 

二拝二拍手一拝

 

 

柏手は柏の葉のように両手の指を揃えて打ち合わせるので、一般には(かしわで)を打つなどといわれています。
神前で打つ柏手も、神さまに誠の心を捧げお陰をいただいてることに心から感謝して打つものです。
拝(はい)もまた今日では敬礼作法の一つとして行われていますが、普段の生活の中でも、感動や感謝の表現として、無意識のうちに行われています。
神社での参拝方法は、二拝二柏手を基本としていますが、神社によっては特殊な拝礼方法を行ってるところもあります

 

 

玉串奉奠

 

 

 

神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串という榊(さかき)の枝を捧げます。
玉串は、みずみずしい榊の枝に木綿(ゆう)、紙垂(して)といわれる麻や紙を取り付けたものです。
私たちの祖先は遠い昔から、榊に神々を招き、また神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。
私たちは、神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧げるとともに、神さまのお陰をいただきます。

 

 

以上、引用は神社本庁HPより

 

 

 

 

 

 

寺院の場合

 

寺院の入り口にある山門で、本殿に向かって合掌一礼。

 

御手洗(みたらし,水屋(みずや)とも言う)で身を清める。手順は神社参拝の場合と同じ。

 

鐘を撞ける場合は撞く。ただし一般参拝者が撞くことを禁じている寺院も多いので、許可する旨の掲示がない場合はしない。

 

蝋燭や線香が用意されている場合は以下の手順で献灯・献香を行う。ただし、防火防犯の為に献灯・献香を謝絶している寺院もあるので、蝋燭や線香が用意されていない場合は行わない。

 

まず、所定の料金を支払って(志納金としている寺院もある)蝋燭や線香を購入する。

 

火を着けて燭台と香炉に捧げる。捧げる蝋燭は通常一本、線香の本数は宗派によっては三本と指定されている場合もあるが、特に指定がなければ一本でよい。

 

本堂に参り礼拝する。

 

賽銭(通常は少額の硬貨で良い)を納め、鰐口などの鳴らし物があれば鳴らす。

 

姿勢を正し、静かに合掌して一礼、45度から90度上半身を屈める。数珠を持参した場合はこの時手に掛けること。神社とは違い拍手は行わない。

 

通常は何も唱えず静かに礼拝するだけで良い。ただし寺院によっては唱える言葉(本尊の真言や名号、題目など)が掲示されている場合もあるので、その場合は掲示されている言葉を唱える。唱える言葉が掲示されていない寺院でそれを知りたい場合は僧侶に尋ねてよい。

 

納経として読経を行う場合は般若心経を唱えるのが一般的、また般若心経の前に開経偈、後に普回向を唱えるとなお良い。ただし浄土真宗系や日蓮宗系の宗派の寺院では般若心経を唱えてはいけない。なお、経は暗記している場合でも経本を手にして読むのがより作法に適っている。

 

最後に軽く一礼して本堂を退がる。

 

納経あるいは参拝の証に朱印を受ける場合は、なるべく礼拝の後に納経所に申し出て受けること。

 

山門から出る際に、本堂に向かって合掌一礼。

 

 

 

お賽銭

 

お賽銭の意味や起源には諸説があります。現在では神社にお参りすると、お賽銭箱に金銭でお供えしますが、このように金銭を供えることが一般的となったのは、そう古いことではありません。

 

もともと、御神前には海や山の幸が供えられました。その中でも特に米を白紙で巻いて包み「おひねり」としてお供えしました。

 

私たちは祖先の時代から豊かな自然に育まれ暮らし、秋になるとお米の稔りに感謝をして刈り入れた米を神様にお供えしました。こうした信仰にもとづき、米を「おひねり」としてお供えするようになったのです。しかし、貨幣の普及とともに米の代わりに、金銭も供えるようになりました。

 

そもそも米は、天照大御神がお授けになられた貴重なものとされ、人々はその大御恵(おおみめぐみ)を受け、豊かな生活を送ることができるよう祈ったのです。現在でも米をお供えする方もいますが、金銭をお供えすることも、この感謝の気持ちには変わりはありません。

 

お賽銭箱にお金を投げ入れるところをよく見かけますが、お供物を投げてお供えすることには、土地の神様に対するお供えや、祓いの意味があるともいわれています。しかし、自らの真心の表現としてお供えすることなので、箱に投げ入れる際には丁重な動作を心掛けたいものです。

 

 

 

■ 喪中に初詣はダメ?

 

 「喪中」の期間中に、初詣に行ってもいいのでしょうか?

 

忌中(一般的に49日間)は、神社はNGで、寺はOKとのこと。神社は死を“ケガレ”と考えるため、鳥居をくぐってはならないとされています。五十日祭を終えて忌明けになれば参詣してもかまいません。ただし、地域や神社によって考えが異なるため、事前の確認が必要です。

 

 

おみくじ

 

神社に参拝した際に「おみくじ」を引き、運勢などを占われた方も多いかと思います。

 

一般的に「おみくじ」は、個人の運勢や吉凶を占うために用いられているわけですが、種類もいろいろとあり、神社ごとに工夫も窺うことができます。その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。また、生活の指針となる和歌などを載せているものもあります。

 

そもそも占いとは、物事の始めにあたって、まず御神慮を仰ぎ、これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れともいえます。例えば、小正月などにその年の作柄や天候を占う粥占神事(かゆうらしんじ)や、神社の祭事に奉仕する頭屋(とうや)などの神役を選ぶ際に御神慮に適う者が選ばれるよう「くじ」を引いて決めることなど、古くから続けられてきました。「おみくじ」もこうした占いの一つといえます。

 

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

 

 

 

 

 

お神札 お守り

 

お神札には、伊勢の神宮のお神札である「神宮大麻」や各神社で発行されるお神札があります。「神宮大麻」は「お伊勢さん」「お祓いさん」などとも呼ばれ、「天照皇大神宮」の神号に神璽(神宮のおしるし)が押されたもので、氏神さまを通じて各家庭に頒布されます。

 

お神札とお守りはどちらも神さまのお力を戴くものですが、お神札は自分の家の神棚でお祀りして家をお守り戴くもの、お守りは常に身に付けて神さまのご加護を戴くものです。一年間お祀りしたお神札は年末に神社に納め、お焚き上げをしてもらいましょう。そして新しいお神札を受けます。お守りも同様ですが、願いが叶うまで身につけても差しつかえありません。

 

お神札やお守りをたくさんもっていると心配してしまうのが、神さま同士がケンカしてしまうのでは、ということ。でも、大丈夫です。八百万神という言葉があるように、日本には多くの神さまがいらっしゃいます。神さまは、それぞれの御神徳をもって、協力して私たちを守ってくださるのです。

 

 

 

ちなみに、初詣に期限はありません。

 

1月7日までとか3が日だけとか言いますが、とくにそういう決まりはありません。

 

 


Information

Information